2015年08月31日

今日の一食 やっと食べに行けました 浜松(助信)むつ菊 

今日の一食は、去年辺りに初めて知った浜松餃子の老舗
「むつ菊」です。

2015_08_29_11_22_20.jpg

まずはお店選定でちょっと難航したのですが、ここを選んだ理由は、
「遠鉄に一度乗っておきたかった」
という軽い気持ちでしたw

車か電車に乗って移動しないと行けないところにあるため、多少混み具合がおとなしくなるかなという狙いもありました。

店内は1階のカウンター(8席ほど)と2階の団体席(見てないので分からない)という感じで、
予約して席を確保している方などもそこそこいて、すぐに満席になります。

メニューは、潔く餃子のみ。

今回は「大」の20個(880円)を注文。
2015_08_29_12_26_34.jpg

もやしがのっているのと、丸くセットされているところが浜松餃子の特徴だとか(ネット調べ)。

今まで食べたどんな餃子とも違う、独特な歯ざわり。
強いて言うなら揚餃子なのですが、そこまでパリッともしていない。

もやしと一緒に食べることによる食感の変わり具合など、いろんな面から楽しめます。

味は中華料理のお店のものと違って薄味なぐらいで、普段は餃子のタレを殆ど使わないのですが、今回は7割ほど付けて食べました。
それでも、タレはなくても美味しくいただけます。

結果として、今回は遠征した甲斐がありました。
とにかく美味しかったです。

さすがに浜松にはしょっちゅういけませんが、18切符でうろつけるときにはまた行きたいなと思いました。


場所はこちら。


遠州鉄道新浜松駅から4駅の助信駅より徒歩2分。
民家の中にあるのですが、すぐに分かります。

今回は開店前に並びましたが、大体30分ぐらい前から人が並び始めます。
一度席が埋まると、40分〜1時間は空かないと思ってください。
posted by 詩音 靜 at 21:47| Comment(0) | その他食べ物